テキサス州セレブ一家殺人事件 犯人の名前はバート・ウィタカー!【土曜プレミアム】




土曜プレミアム『世界法廷ミステリー11~悪魔のアリバイ~』が、

2019年6月15日に放送されました!

今回の内容は

【テキサス州セレブ一家殺人事件】です。

2003年にアメリカ・テキサス州でセレブ一家が

銃撃されたこの事件、犯人が驚くべき

人物だったことで全米から注目を集めました。

そうなんです、実はこの事件の犯人の名前は

バート・ウィタカー”さんなんです!!

まさかの身内!

早速詳細に入っていきましょう(^^ゞ

スポンサードリンク

テキサス州セレブ一家殺人事件 犯人の名前はバート・ウィタカー!【土曜プレミアム】

土曜プレミアム『世界法廷ミステリー11~悪魔のアリバイ~』が、

2019年6月15日に放送されました!

今回の内容は

【テキサス州セレブ一家殺人事件】です。

2003年にアメリカ・テキサス州で

セレブ一家が銃撃され、母親と次男が死亡。

父親と長男が重症を負う事件が発生しました。

ウィタカー家の家族構成は以下の通りです。

  • 父親:ケントさん(当時56歳)
  • 母親:パトリシアさん(当時51歳)
  • 長男:ウィタカーさん(当時23歳)
  • 次男:ケビンさん(当時19歳)

これらを踏まえて早速事件の詳細に入っていきましょう。

2003年12月10日にバート・ウィタカーさんは

大学の最終試験を終え、そのお祝いに

家族4人でレストランに行くことになりました。

家族4人でディナーを終えその後帰宅。

その時に悲劇が起きます!

覆面を付けた男がウィタカー家に潜伏していて

家族に向けて数発の銃弾を発砲しました!

家族4人全員に銃弾が当たります。

ケントさん→肩を撃たれる(生存)

パトリシアさん→胸を撃たれる(死亡)

ウィタカーさん→左腕を撃たれる(生存)

ケビンさん→胸を撃たれる(死亡)

その結果パトリシアさんとケビンさんが死亡。

ケントさんとウィタカーさんが生存する形になりました。

ここからウィタカー家で銃を発砲した

覆面犯人探しが始まります。

当初、「この事件は金銭目当ての犯行ではないか?」

と考えられていました。

実は、ウィタカー家はテキサス州シュガーランドで

何世代も続く建築会社を経営している

地元で有名なセレブ一家だったんです。

お金持ちの一家に銃を持って押し入った

となれば確かに金銭目当ての可能性が

高いですよね!

警察もそちらの方向で捜査を進めますが・・・

盗られたものは長男の携帯電話だけ!!

それ以外は盗まれていなかったようです。

金銭目当てであれば家にある高価な財産を

たくさん盗むはずですよね?

しかし、その形跡がない。。。

そしてさらに捜査を進めていくと驚くべき

事実が判明したのです!

なんと、殺害に使われたとみられる銃が

ウィタカー家が所有していた銃だったことが判明。

使用された銃は家族所有の物で目立たない場所に

置かれていましたが、犯人は最初から

その場所を知っていたようなんです。

ウィタカー一家の銃器入れの場所を

最初から知っている人物。。。

身内も視野に入れ、捜査を進めていくと・・・

ついにセレブ一家殺人事件の犯人に

辿り着くことが出来ました!!

それがなんと、自分も銃で撃たれたはずの

バート・ウィタカーさんだったのですΣ(・□・;)

スポンサードリンク

バート・ウィタカーの経歴プロフィール

まさに衝撃の事実。

まさか一緒に銃に撃たれた家族の

バート・ウィタカーさんが真犯人でした。

これには衝撃が隠せません。

一体なぜバート・ウィタカーさんはこのような

セレブ一家殺人事件を計画したのでしょうか?

出典:http://syouji.blog.jp/archives/1070165690.html

バート・ウィタカーさんは元々、

弟の面倒をよく見てくれるしっかり者の

長男だったそうです。

特に問題を起こすといったこともなく、

家族はとても円満に生活をしていました。

しかし、中学に進学してから少し様子が変わってきます。

小学生のころまでは成績がとても良かった

バート・ウィタカーさんですが、

中学に入ると勉強についていけず、

一気に成績が下がります。

「このままじゃヤバい….」

そう思ったバート・ウィタカーさんは

ある行動にでます。

それが【成績表偽装】です。

試験でカンニングなどをして必死に

優秀な自分を演じます。

この成績表偽装はなんと高校生の頃まで

続き、バート・ウィタカーさんは

高校卒業後に大学に進学します。

しかし、当然ついていけません。

成績表偽装もそろそろ限界がきており、

大学を卒業できないことが親にバレるのを

恐れます。

「どうしたら親にバレずに済むか?」

そう考えたバート・ウィタカーさんが思いついたのが

今回のテキサス州セレブ一家殺人事件なんです。

遊び仲間に家族を襲わせ、自分も腕を撃たれることで

被害者を装うという、この事件に全米は騒然としました。

テキサス州セレブ一家殺人事件では

バート・ウィタカーさんの協力者として

2人の遊び仲間がいます。

それが

  • クリス・ブラッシャー
  • スティーヴン・シャンペーン

の2人です。

  • クリス・ブラッシャー→銃撃担当
  • スティーヴン・シャンペーン→逃走のドライバー担当

で犯行に及んだようです。

基本的にスムーズに犯行は進みましたが

誤算だったのが父親であるケントさんが

生き残った事らしいです。

テキサス州セレブ一家殺人事件が起きて

最初に捕まったのは実はこの2人でした。

警察の捜査により、事件から2年後の

2005年に殺人容疑で逮捕されます。

2年ですから、意外にもこの事件の捜査が

難航していたことが分かりますね。

この2人が逮捕された時、銃撃事件の立案者である

バート・ウィタカーさんはというと・・・

なんと父親のケントさんと一緒に住んでいましたΣ(・□・;)

恐ろしすぎます・・・

しかし、捜査の手が迫っていると察し、逃走。

逃走後はメキシコのセラルヴォという町に逃亡し、

ルディ・リオスという偽名で暮らし始めました。

そうして約1年間、バート・ウィタカーさんは

メキシコで生活。

お友達の2人自供にで2005年9月に逮捕され、

アメリカへ強制送還されました。

因みにこの事件に協力した2人ですが、

生命保険の支払いが報酬として

提示されていたようです。

つまり、友達の2人は完全にお金のためだけに

今回の事件に協力したということになります。

両親が死ぬことで降りる保険金を

報酬として支払うとは、ちょっと気が引けますね。

こんな事件を起こしたバート・ウィタカーさん、

当然死刑判決を食らいます。

しかし、死刑執行の直前に奇跡の出来事が!!

次のページに続きます。