報道ニュース

滝本妃(中1女子)のマスク600枚配布は山梨県のどこの場所で貰える?

中1女子がマスクを約手作り600枚自分で作り、それを山梨県に提供したということで話題になっています!

メルカリなどで高額マスクの転売が相次ぐ中、自分でマスクを手作りしてそれを山梨県に無料で提供するなんて聖人君子ではないでしょうか!?一体誰なのか気になるかと思います!

今回手作りマスクを山梨県に無償で提供したのは滝本妃(たきもと ひめ)さんという方です。滝本妃さんは手作りマスク約600枚を山梨県に提供したとのとこなので恐らく配布されるはずです。果たして配布日時などは決まっているのでしょうか?

滝本妃マスク手作りの経緯

全国的にマスクが不足しており、入手が困難なこの状況で自らマスクを手作りして、それを無償で提供する中学1年生の女子が話題になっています。彼女の名前は滝本妃さんです。

手作りしたマスクを高齢者や子どもに届けてほしいと、17日に山梨県庁で長崎幸太郎知事に手渡ししました。転売などすることなく、困っている人に届けてほしいといった思いで提供するなんて、とても良い子ですね!

滝本妃さんは2月中旬頃に、高齢女性が薬局で「多くの店を回ったが、マスクが買えない」と店員に訴えている姿を見たのをきっかけにマスクを作り始めたようです。

自分でミシンを使い、家族と協力してなんと約1ヶ月で大人用を400枚、子ども用を212枚作ったんだとか!

しかもマスクで使用した材料のガーゼや布、ゴムひもは貯金していたお年玉で買ったそうです。中学1年生の女子が自分のお年玉を削って困っている人のためにマスクを作るって、もう言葉が出ないですよね笑

転売をしている人が悲しく見えてきます笑

今回滝本妃さんが手作りしたマスクは布製で、洗って繰り返し使えるそうなので、一度手に入れることができれば新規のマスクを購入せずに済みそうです!

マスクを受け取った長崎幸太郎知事は「感動した。いただいたマスクはお年寄りや子供たちの施設に配りたい」と話していたようなので配布されることは間違いなさそうです。

ネット上の声

こちら滝本妃さんの手作りマスク動画ですね!

手作りマスクは山梨県のどこの場所で貰える?

こちらは現段階ではまだ判明していません。滝本妃さんの通っている学校が山梨大教育学部付属中1なので、もしかしたらその付近で貰えるかもしれませんね!