報道ニュース

沢尻エリカが自宅で麻薬の理由はなぜ?NHK大河ドラマの代役は誰になる?

あの超人気女優である沢尻エリカさんが自宅で麻薬を所持していたことが発覚し、2019年11月15日に逮捕されました!

これには国民も騒然です。沢尻エリカさんと言えば来年にNHK大河ドラマの「麒麟がくる」に帰蝶(濃姫)役で大河初出演することが発表されています。

しかし、残園なことに今回の麻薬所持の件でこの大河ドラマへの出演は無くなってしまうしまうでしょう。

来年の大河ドラマは誰が沢尻エリカさんの変わりに出演するのでしょうか?

スポンサードリンク

沢尻エリカが自宅で麻薬の理由はなぜ?

最近はピエール瀧さんや田口淳之介さんを始め、芸能人でも麻薬に関するニュースを多く見るようになりましたね。なぜ芸能界にここまで麻薬が反映しているのか不明ですが、麻薬を使うには何かしらの理由があるはずです。

沢尻エリカさんが今回使用していた麻薬はMDMAという種類の麻薬になります。

MDAMに関しては以下のように説明されています。

覚醒剤や合成麻薬MDMAがらみの事件が相次ぐ中で、「クスリと下半身」の関係が取りざたされている。逮捕された押尾学容疑者は不倫相手との性行為でMDMAを使用したのでは、と取りざたされている。酒井法子容疑者の夫が渋谷で職務質問された際も「下半身のクスリなので恥ずかしくて出せない」といって提出を拒否したという。実際は覚せい剤だった。

「性生活に結びついているところがあるんじゃないですか」
覚醒剤や合成麻薬MDMAを使うと性的な快楽が増す、と言われている。ネットの掲示板にはそうした話がたくさん書き込まれている。「媚薬」と表現する専門家さえいる。ただ、断定的な形でマスコミに載ることは少ない。

なので沢尻エリカさんは性行為目的でMDMAの麻薬を使用したことが理由の1つに挙げられます。

スポンサードリンク

NHK大河ドラマの代役は誰になる?

NHK大河ドラマの代役に関しては沢尻エリカさんが実際に降板した後にまとめていきたいと思います。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です