報道ニュース

新紙幣10000円が 渋沢栄一の理由はなぜ?

政府が2024年に新紙幣を発行することを

発表しました!

そこで新紙幣10000円を担当するのが

渋沢栄一さんになりました!

一体何故渋沢栄一さんが新紙幣10000円を

担当することになったのか?

その理由をまとめていきます!

新紙幣10000円が 渋沢栄一の理由はなぜ?

政府は2024年辺りを目処に、1万円などの紙幣の肖像画を変える準備に入りました。

なんとこの肖像画の変更は2004年以来となるそうです!

つまり約20年ぶりの肖像画の変更!

今年は元号も変わりましたし、肖像画の変更も発表されたり。。。と

話題が尽きませんね!

今回新紙幣で10000円を担当することになった渋沢栄一さんですが、過去の実は過去に偉大な経歴を残している人物です。

第一国立銀行や東京証券取引所など多くの企業を設立した過去をもっていて、

まさしく日本の発展に貢献した人物の

1人になります。

こういった過去の実績が評価されて、

新紙幣10000円は渋沢栄一さんが担当することになりました。

これが大きな理由ですね!

ちなみに5000円札は津田塾大学の

創始者、津田梅子さん。

1000円札は「近代日本医学の父」として知られ、ペスト菌を発見するなど医学の発展に貢献した北里柴三郎の肖像画になるようです!

それにしてもすごい報道ですね!

特に1万円札の肖像は1984年に聖徳太子から福沢諭吉になって以来の変更なので、本当に快挙レベルです!

平成以前に生まれている人は全員違和感を感じるでしょうね笑



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です