報道ニュース

旧マスク工場の会社大志の場所はどこ?鳥取でマスク配布はいつどの地域で開始される?

全国的にマスクが不足している中で鳥取市で中古農機具などを取り扱う会社「大志」が、倉庫として使っている旧マスク工場を活用し、生産に乗り出すことを発表しました!

これはかなり大きいニュースですね!鳥取県民にとってはかなり嬉しいニュースではないでしょうか!?

旧マスク工場を保有している有限会社「大志」の場所などがかなり気になるかと思います。自宅の近くだったらとても嬉しいですよね。

また、いつどの地域の近くでマスクの配布が開始されるのかも気になるところだと思うのでまとめていきたいと思います!

鳥取の最終兵器旧マスク工場始動!

感染拡大を防ぐ為にマスクの生産を始めるのは、鳥取市で中古農機具の整備や販売などを手がける会社「大志」です。

大志は倉庫として利用するため、3年前に鳥取市用瀬町のマスク工場だった建物を取得しましたが、感染症の拡大に備えてマスクの生産設備や、原料などを保管していたそうです。

この旧マスク工場の社長である谷口健二さんは工場を取得した際に、前のオーナーから『大規模な感染症は、10年ほどの周期で発生する』と言われ、もしものために一応、設備を保管していたそうです。

前のオーナーさん、先見の明がありすぎますね!まさに今、10年に1度の大規模な感染症が起こっている最中です!鳥取の最終兵器が遂に動くといった感じでネットでも話題になっています。

旧マスク工場の会社大志の場所はどこ?

「大志」は鳥取市で中古農機具の整備や販売などを手がける会社です。会社のフェイスブックも存在していますね!

場所は鳥取県鳥取市河原町曳田です。

有限会社大志の周辺はこのような感じになっています。


ここに行けばいち早くマスクを手に入れることができそうですね!

鳥取でマスク配布はいつどの地域で開始される?

有限会社大志では今週中にも本格的に生産ラインを稼働させ、1日あたり最大10万枚のマスクの供給を目指しているそうです。

また生産したマスクは、鳥取市やその周辺の地域に優先的に供給する方針で、鳥取市も、物流に必要な費用を補助するなど支援を行うことにしています。

なのでいち早くマスクを手に入れたい場合は鳥取市やその周辺地域に今週〜来週あたりに訪れて見ると良いかもしれません。

ちなみにマスクの値段は1枚330円とのことです。1枚330円ってかなり高額ですよね笑。マスクを高額で転売するのは禁止しているのに1枚330円で販売するのは良いのでしょうか。。。?

どちらにせよ、マスクが欲しい方は是非、鳥取市やその周辺の地域や有限会社大志の近くを訪れてみると良いですよ!