【激レアさん】マルヤマの男子1人ハーレム高校は山形の鶴岡北高等学校!




【激レアさんを連れてきた】

全校生徒478人中、男子1人の超ハーレム

高校に入学したマルヤマさん(丸山大輔)が

出演しました!

男子1人で他はみんな女子!!

そんな超ハーレム高校があるようなんです!

その高校の名前は山形の鶴岡北高等学校です。

一体どんな高校なんでしょうか?

まとめていきたいと思います(^^ゞ

~目次~

マルヤマ(丸山大輔)さんのハーレム高校生活
山形の鶴岡北高等学校について

スポンサードリンク

マルヤマ(丸山大輔)さんのハーレム高校生活

今回の【激レアさんを連れてきた】では、

「 高校に入ったら全校生徒478人中男子が

自分1人だけだった人 」ということで、

そんな夢のようなハーレム高校時代を過ごした

マルヤマさんが出演しました。

  • 名前:丸山大輔(まるやまだいすけ)
  • 年齢:19歳
  • 職業:大学生
  • 出身地:山形県

高校で男子1人なんて現実的にあり得るのでしょうか?

調べてみたところ、マルヤマさんが通っていた

高校は山形県にある鶴岡北高校という高校だと判明しました!

元々鶴岡北高校は女子高だったようです。

そして創立118年の時に歴史上、

初の男子生徒1人が入学しました。

それがマルヤマさんだったのです!

濃紺のセーラー服の女子生徒159人に

交じって黒の学ラン姿の男子生徒が入場すると、

在校生から大きなどよめきと拍手が

巻き起こったようです(笑)

まさに歴史的瞬間!

鶴岡北高校は県教委が男子生徒を受け入れる

方針を打ち出した2013年から、

男子トイレや更衣室を増設するなど

共学化への準備を進めてきました。

一般入試で男子の受験者数は

明らかにされていませんが、

関係者によると複数人いたそうです。

つまりマルヤマさん以外にも何人かは

鶴岡北高校を受験していたが、

受かったのはマルヤマさんだけだった。。

ということですね!

鶴岡北高校では来年度以降も男子生徒の入学が

増えていくように各中学校に

働き掛けるということなので今後はもっと

男子が増えるかもしれないですね!

マルヤマさんはなぜ鶴岡北高校に入学したのか

と言うと、テニスをしたかったようなのです。

もともと丸山さんは中学3年間、

硬式テニス部に所属していました。

そこで硬式テニスができる高校を調べていたところ、

なんと鶴岡北高校しかなかったようなのです(笑)

そのため鶴岡北高校に進学し、そこで男子硬式

テニス部を作ろうと思い受験したんだとか!

しかし、結果は男子はマルヤマさん1人。

男子硬式テニス部の夢は儚く散りました・・・

しかし!男子硬式テニス部が作れなくても、

マルヤマさんがいる高校はハーレム高校です。

これはさぞかし美味しい思いをしているのかと

思いきや・・・

学校生活の8割はひとりぼっち!

とは言え、告白ぐらいは・・・

・・・思ったよりも青春を謳歌していないかもです(;^_^A

しかし、1つだけモテエピソードがありました!

なんとマルヤマさん、高校1年生の頃に

バレンタインでチョコを20個も貰ったようです!

バレンタインチョコ20個は男子からしてみれば

かなり嬉しいのではないでしょうか!?

このままずっとチョコが貰えるのかと

思いきや。。。

3年生になるとチョコは0個になったようです。

1年生の頃のチョコは友チョコのような

感じだったのかもしれないですね(;^_^A

さて、そんなマルヤマさんが通っていた

ハーレム高校ですが、現在はどのような

感じになっているのでしょうか?

スポンサードリンク

山形の鶴岡北高等学校について

つい数年前まで男子が1人しかいなかった

鶴岡北高等学校ですが、少しづつ男子の数が

増えてきているようです!

具体的な人数は公表されていませんが、

学校の公式ホームページにはこのような

集合写真が!

出典:http://www.tsuruokakita-h.ed.jp/htdocs/index.php?page_id=16

まだまだ女子の方が多いですが、しっかりと

男子もいますね!

マルヤマさんが男子第一号を作ってくれたからこそ、

今の鶴岡北高等学校があるのでしょう。

男子が増えたと言ってもまだまだ女子が

多い高校なのでハーレム高校であることは

間違いなさそうです。

ちなみにマルヤマさんは鶴岡北高等学校を

卒業してからは都内の大学に進学して

大学生活をエンジョイしているようです。

大学には男子がたくさんいるので、ようやく

男同士の生活を手に入れることができましたね!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする