報道ニュース

川島美沙 病院の名前や場所は神奈川県の産婦人科【陣痛促進剤事件】

神奈川県内の病院で陣痛促進剤を投与され、

川島美沙(かわしま みさ)さんが出血多量で

お亡くなりになりました。

 

しかし、病院側は「別の要因で死亡した」

容疑を否認。

 

この記事では神奈川県の産婦人科の病院

名前場所についてまとめていきます。

 

~目次~

川島美沙さんが陣痛促進剤で亡くなった経緯
川島美沙さんが通っていた神奈川県の産婦人科病院の名前や場所は?

スポンサードリンク

川島美沙さんが陣痛促進剤で亡くなった経緯

川島美沙さん(当時29歳)は2017年に

神奈川県内の産婦人科のクリニックで、

長男を出産する際、

 

陣痛促進剤を投与され、出血多量の末

亡くなりました。

 

これに関して川島美沙さんの遺族が

病院側に過失があったとして、

 

約1億4,200万円の損害賠償を求める

訴えを起こしていることが今、

問題となっています。

 

陣痛促進剤はお産がスムーズに行えなくなった時、

人工的に陣痛を強めるための薬です。

 

厳重なチェックのもとで使うことで、

お産を安全にコントロールでき、

 

赤ちゃんと母親の命を救うことに繋がるため、

陣痛促進剤を使用すること自体は

問題ありません。

 

しかし今回問題となっているのは

陣痛促進剤が適切に投与されず、その後、

止血や輸血などの処置が行われなかった

ということです。

 

これに対して川島美沙さんの遺族は

病院側に対して損害賠償を請求。

 

一方、病院側の報告書では

「別の要因で死亡した」のひと言。

 

さらに川島美沙さんが亡くなった時に、

「心臓止まっちゃっているけど、びっくりしないでね」

と簡単な口調で言っていたそうです。

 

これに対し、川島美沙さんの父親は

「怠慢ですよね。人の命をどう思っているのか。

 

これは人為的なものだと思う。

そのまま放置しておくのは納得できない話」

と話しています。

 

川島さんのお父さんに賛成です。

いくら何でも「別の要因で死亡した」で

片づけられるのは納得がいきませんね。

 

命を扱う機関である以上しっかりと

責任は持つべきです。

 

現在、例の神奈川県の病院は取材に対して、

「業務中のため、今は対応できない」

人の命よりも業務を優先する姿勢を示しています。

 

これにはネットでもかなり批判の声が

あがっています。

 

 

本当だとしたら信じられない台詞。
許されるべきではない。

 

この医師を擁護する訳ではないし、
この発言は決して許されるものではない。

その上で、産婦人科の医師のなり手不足
の理由の一つに、この訴訟件数の多さが
ある。
政府には、こういった医師に対しての
保障をお願いしたい。

 

なかなか正解がない問題かと思いますが、こんな事だからすぐに帝王切開したがる医師が増えるんでしょうね。
出産前に詳しい説明と状況に応じた薬のリスクと説明、同意が必要かと思いますが病院が大変でしょうね。

 

自分の家族だと想定すると、提訴は当然のことだと思います。
子供が生まれて、母親としての最高の楽しみを奪われたのだから、それ相当の報いを受けてもらわなければ、遺族は報われない
しかし、不運な事故だと思います。

 

神奈川県の産婦人科クリニックってどこのクリニック?
出産はお金が掛かってもいいから、実績のある大きな病院の産科で行った方がいいと思う。
陣痛促進剤は、場合によっては赤ちゃんの脳性麻痺の要因にもなるようだし。

開業してから浅かったり、病院ではなくクリニックで行うのはリスクが高いと思う。

 

我が子を抱っこできないまま、29歳の母親が

亡くなってしまった今回の事件。

さすがに心苦しくなります。

 

今回の騒動を起こした神奈川県の産婦人科病院の

名前や場所は判明しているのでしょうか?

スポンサードリンク

川島美沙さんが通っていた神奈川県の産婦人科病院の名前や場所は?

さて、問題となっている神奈川県の

産婦人科クリニックですが、

 

現在ネット上には

「神奈川県内の産婦人科クリニック」までしか

情報が公開されていませんでした。

 

 

一応神奈川県内の産婦人科を調べてみたところ

上記のような形でヒットしました。

 

ただ、神奈川県にもたくさんの産婦人科

クリニックがあるので今回の事件の病院の

 

名前や場所はメディアが公開しない限りは

判明しないと考えられます。

 

命に関わる問題ですから今回の報道では

産婦人科クリニックの名前を報道して

ほしいところですね。

 

もしかしたら自分の近所の産婦人科

クリニックである可能性だって0ではないんですから、

 

神奈川県の人達を安心させてあげるためにも

メディアに公開されることを祈っております。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です