ドラマ

JIN(仁)で坂本龍馬の声が脳に聞こえるのはなぜ?頭痛の理由を分析!

あの超人気ドラマJIN(仁)が再放送されて話題になっています!JIN(仁)が放送されていた当時の平均視聴率は20%以上のかなりの高視聴率でしたが、今回の再放送も視聴率約10%とかなりの高視聴率です!

このことからもJIN(仁)の注目度の高さが分かりますね!ちなみにテレビの製作サイドは過去のドラマに今のドラマの視聴率を越されてしまい、とても悩んでいるそうです。

過去の名作というのはそれだけ影響力が大きいということですね!JINが高視聴であるのには「友情」「家族」「絆」「恋愛」など様々な理由があると思いますが、その中の1つにミステリーが挙げられます。

現代から過去に戻ってしまい、そこで様々な試練に立ち向かうわけですが、謎がとても多いですよね!

ドラマの後半では頻繁に坂本龍馬の声が南方仁の脳内に響渡っていましたが、その理由がとても気になると思います。

この記事ではそんな坂本龍馬の声が脳に聞こえる理由や南方仁の頭痛の理由について迫っていきたいと思います!

JIN(仁)で坂本龍馬の声が脳に聞こえるのはなぜ?理由を分析!

ドラマでは南方仁の脳に頻繁に坂本龍馬の声が聞こえてきます。この理由が分からないため気になっている人も多いのではないでしょうか?

特にドラマの最終章では頻繁に声が聞こえます。なぜ、最終章で頻繁に坂本龍馬の声が聞こえるようになったのか?

それはドラマ中盤で坂本龍馬の血を浴びたからです。ドラマの最終回では野口医師は以下のようなことを述べています。

「実際に心臓移植をされた人が手術後にドナーに好みや性格が近いものになったっていう症例もあるじゃないですか。この男の場合は龍馬から血とか脳漿とかなんらかの細胞を浴びて、その人格がこの頭の中の胎児と一体化したってことでいいんじゃないですか」

もともと、南方仁の脳内には赤ちゃんのような脳腫瘍がありました。ドラマで南方仁は坂本龍馬の血を2回ほど目に浴びています。

その際に坂本龍馬の血液の一部が体内に取り込まれ、脳腫瘍に集まったことによりで脳腫瘍が坂本龍馬の意識を継いだと考えられます。

実際にドラマでも坂本龍馬の血を浴びてから頻繁に声が聞こえるようになったので、間違いないでしょう。

南方仁に頭痛が起きる理由は?なぜ頭痛が起きるのか?

南方仁に頭痛が起きる理由ですが、これは特別な理由はなく、脳内に脳腫瘍があるからです。現代の病気でも脳腫瘍はあり、症状としては以下のようなものが挙げられます。

1)頭蓋内圧亢進症状:多くに共通して起こる症状
脳は周囲が頭蓋骨に囲まれた閉鎖空間であるため、その中に腫瘍ができると逃げ場がなく、その結果、頭蓋の中の圧力が高くなります。これによってあらわれる頭痛、吐き気、意識障害などの症状を、頭蓋内圧亢進症状といいます。人間の頭蓋内圧はいつも一定ではなく、睡眠中にやや高くなることから、朝起きたときに頭痛が強くなり、吐き気を伴うことがあります。

ドラマでは頻繁に南方仁は頭痛を起こしていましたね。さらに後半では吐き気も伴っていました。手が震えてしまい手術ができなかったのも、この脳腫瘍が原因です。

 

赤ちゃん脳腫瘍の意味は?

結局のところ、この赤ちゃんがJIN(仁)では一番の謎でした。南方仁の頭の中にあったことは分かりましたが、それ以上の情報は無いですよね。

ドラマで一番の鍵を握っていそうな、この赤ちゃんですが一部では「タイムスリップの能力があるのではないか?」と言われています。

ドラマの最終回では現代版の南方仁が再び過去にタイムスリップしていましたが、その時に持っていたのは普通の薬と赤ちゃんの脳腫瘍です。

普通の薬にタイムスリップの能力があるわけがないので、恐らくあの腫瘍を持っていると過去にタイムスリップすることができるのでしょう。

あくまでも予想ですが。。

それにしても再び過去に戻ってしまった南方仁はどのような人生を歩むのか、とても気になりますね!

JIN(仁)で坂本龍馬役の俳優の名前は内野聖陽!演技上手すぎと話題に!あの超人気ドラマJIN(仁)が再放送され話題になっています!過去の再放送にも関わらず平均視聴率が10%前後とかなりの高視聴率! 現...
他の人はこんな記事も読んでます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です