市原悦子 死因や病名は何?通っていた病院の場所はどこ?




2時間ドラマ「家政婦は見た!」などで

知られる演技派女優の市原悦子(いちはら・えつこ)さんが

12日午後1時31分に心不全のため、

死去しました。

死因は心不全になります。

心不全について知らない人も多いと思うので

確認していきましょう。



市原悦子の死因は心不全

市原さんは2016年11月に自己免疫性脊髄炎のため

都内の病院に入院し芸能活動を休業しました。

2017年2月にはリハビリ専門病院に転院し、

退院した後は都内の自宅でリハビリに

励んでいましたが思うように回復せず、

2017年11月には出演予定だったNHK大河

ドラマ「西郷どん」のナレーションを降板します。

しかし、昨年3月、NHK「おやすみ日本 眠いいね!」内で

担当するコーナー「日本眠いい昔ばなし」の

朗読を自宅で収録。

月1回のペースで同番組の声だけの収録を

自宅で行ってきました。

しかし、徐々に病気が進行し、1月13日を

もって死去しました。

その死因が”心不全”になります。

心不全とは

心臓の機能が低下して、体に十分な血液を送り出せなくなった状態を「心不全」と呼びます。心臓のポンプ機能が低下し、肺や全身に必要な量の血液を送り出せなくなるため、他の臓器に異常が起きたり、心臓が正常に働かなくなったりするといった現象が起こります。心臓病以外にも、様々な病気によって心不全の状態が引き起こされることがあります。

心臓の機能の低下が原因だったのでしょう。



市原悦子さんが通っていた病院の場所はどこ?

調査中です。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする