林田真明のちゃんぽんドラマはどんな人生?【マツコの知らない世界】

皆さんこんにちは!

今回は「マツコの知らない世界」林田真明さんが出演しました。

この林田真明さんなのですが、とにかくちゃんぽんが好きらしいです!

このちゃんぽんにかける愛は以前にNHKでも林田さんの人生がドラマ化されたこともあるそうです。

そこで、彼が一体どのような人生を歩んできたのか気になりましたので、調査してみました(^^)/

林田真明/プロフィール

出典:https://netabuzz.com/entertainment/cyanpon/

名前:林田真明(はやしだ まさあき)

出身:長崎県

生まれ:1970年(現48歳)

長崎県出身なんですね!ちゃんぽん愛が深いのも納得です!

林田さんなのですが以前は長崎県雲仙市の職員をしており、地方公務員だったそうです。

しかし、地元を活性化したいと思い、島原半島観光連盟の観光部長へ方向転換!

そして地元活性化のために「小浜ちゃんぽん愛好会」を結成しました。

小浜ちゃんぽんは日本三大ちゃんぽんのうちの一つだそうです。

他の二つは「長崎ちゃんぽん」「天草ちゃんぽん」で、これら三つ合わせて日本三大ちゃんぽんと呼ばれているらしいです。

日本三大ちゃんぽんなんて言葉は初めて聞きました、、、結構有名なんですかね??

その他にも林田さんはB1グランプリに出場するなどして大活躍した結果、【ちゃんぽん番長】という称号を手に入れました。

これら地域活性化のための活動が注目され、なんと!NHKでドラマ化されました!
スポンサードリンク



ちゃんぽんドラマとは!?

少し前なのですが、2013年に【私の父はちゃんぽんマン】というタイトルでドラマ化されました。主演は山口智充さんです。

以下、おおまかなストーリーです。

長崎県雲仙市小浜温泉に、全国に知られる名物がある。あっさり塩味、前浜の魚介ふんだん、
“小浜ちゃんぽん”だ。
人気の背景には、ある男の存在があった。その名も”チャンポンマン”。ふるさとを元気にしたいと
意気込む市役所職員・徳市がふん装するご当地ヒーローだ。
しかし活躍すればするほど、中学生の一人娘・七海は徳市を理解できず、父娘の距離が遠のいていく。
そして七海は、父と離れ暮らす決意をするが、ある人物から徳市の意外な秘密を聞き、七海の気持ちは
揺れ動いていく―。
さらに、チャンポンマンの前に難敵が立ちはだかる。頑固だが、腕前は小浜随一のちゃんぽん名人だ。
はたして、協力を拒む名人を説得し、地域を一つにすることができるのか―。
この物語は、チャンポンマンが、ちゃんぽんへの飽くなき挑戦を通して、”家族”や”地域”の絆を
再生していく、笑いあり涙ありの痛快ドラマである。

出典:http://www6.nhk.or.jp/drama/pastprog/detail.html?i=champon

このドラマは小浜町ではとても話題になり、小浜町で林田真明さんのことを知らない人はいないというくらい有名人になったそうです(笑)

「私の父はチャンポンマン」の予告動画がこちらです↓

なんか楽しそうですね(笑)

まとめ

林田さんのちゃんぽん人生、とても充実感がありそうですね。

よくよく考えてみれば公務員ってすごく安定の職業じゃないですか?

その安定を捨ててまでして自分のやりたいことのために生きる人生って素敵だと自分は思いました。

これからもちゃんぽんの魅力を発信し続けていってほしいですね(^^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする