スポンサードリンク
 

トレンド

金曜ロードショーでカイジの副音声のやり方と録画方法!聞こえない時の対処法は?

1月17日に金曜ロードショーであの名作「カイジ」が放送されます!しかも2週連続での放送ということもあってファンの方もとてもワクワクしていると思います。

しかも、今回の金曜ロードショーただ単にカイジの映画を放送するのではなく、副音声付きです!金曜ロードショーでは以前もコナンの映画で副音声を実施し、とても話題になっていました。

最近のテレビでもこの副音声の機能を使用する場面が増えてきているので、この機会に副音声のやり方について学んでおきましょう!

この記事では副音声のやり方や録画方法、できない時の対処法についてまとめていきます。


金曜ロードショーでカイジの副音声のやり方!

ここ数年、テレビの「副音声」が話題になることが多いですね!スポーツ中継や紅白歌合戦なども副音声を使用していたり…と活躍の幅を広げています。

しかしその一方で「副音声なんて言葉はじめて聞いた!」という方もいると思います。確かに普段何気なくテレビを見ているだけであったら副音声といった機能は使うことはあまりないですよね笑

リモコンを探してもどこにも「副音声」といった単語が見つからずに苦労しているかもしれないので、まずは副音声設定にするためのボタンの説明からしていきます!

テレビのモードを副音声モードに変えるにはリモコンの「音声切替」というボタンを押す必要があります。

「音声切替」のボタンを押すことで「主音声」「主音声+副音声」のように切り替える事ができるので、副音声を楽しみたい方は金曜ロードショーが始まったら「音声切替」のボタンを押して、「主音声+副音声」のようなモードに変更しましょう!

 

 

金曜ロードショーのカイジを副音声付きで録画する方法

副音声のやり方は分かったとしても実際にリアルタイムで番組を見ることができない人は注意が必要です。なぜなら、デフォルトの録画設定では副音声を録音することができないからです。

なので、「カイジをリアルタイムで見ることが出来ないけど副音声も録画したい!」という方は普通に録画設定をする際に一手間加える必要があります。

それは録画するモードをDRモードにするということです。このDRモードでの録画は基本的にどのメーカーでも行うことが可能になっているようなので是非、ご自身のメーカーでDRモードに設定して録画をしてみて下さい。

このようにSHARPも副音声での録画はDRモードでの録画を推奨していますね。DRモードでの録画は「録画予約」の設定画面に表示される「録画モード」の設定項目で「DR」を選択することで完了します。

これはメーカーによって変わってきてしまうので一概には言えませんが、番組表から録画をする際に、録画モードを変更することができる場所や「詳細録画」・「録画予約の設定」などの項目を確認するとDRモードに切り替えることができるはずです。

DRモードで録画すれば主音声と副音声の両方を録画することが出来ますが、これはかなりデータ容量が大きくなってしまうので、ハードディスクにしっかりと余裕があるかどうかを確認してから録画をすることをオススメします!

 

 

副音声が聞こえない時の対処法

先ほどの手順で進めていけば主音声と副音声を聞くことが可能になりますが、場合によっては音声切替をしたのにも関わらず副音声を聞くことが出来ないこともあります。なので、ここでは音声切替をしたのに副音声が聞こえない時の対処法についてまとめていきます。

原因① 外部入力で視聴している

音声切換ボタンを押しているのに切り換わらない場合はテレビのチューナーではなく、レコーダーに搭載されているチューナーで番組を視聴している可能性があります。

その場合は、レコーダーのリモコンに付いている音声切換ボタンを押すか、テレビの入力切換えを外部入力ではなく、テレビのチューナーに切り換えてから、音声切換ボタンを操作しましょう。

原因②リモコンが壊れている

音声切替ボタンを押しても副音声に切り替わらない場合はリモコン自体が壊れている可能性もあります。この場合はリモコンの電池を交換するなどして対策を練ってみて下さい。

原因③テレビが壊れている

リモコンの電池を換え、正常に動いているのにも関わらずそれでも反応しない場合はテレビ自体が壊れている可能性があります。この場合はテレビのリセット機能を利用したり、コンセントを抜くなどの作業をして回復を待つか修理に出しましょう。

まとめ

この記事では「金曜ロードショーでカイジの副音声を録画する方法と聞こえない時の対処方法についてまとめました。

副音声に切り替えるには「音声切替」のボタンを押しましょう。そして反応しない場合は外部入力やリモコンの電池、テレビのコンセントなどを確認しましょう。

また、副音声は普通にテレビを録画しただけでは聞くことが出来ないので、しっかりとDRモードで録画をすることを忘れないで下さいね!



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です