アーティスト

長渕剛が入院中の都内大学病院の場所はどこで特定?名前や復帰はいつ?

あの国民的歌手である長渕剛さんが急性腎盂腎炎で緊急入院していることが判明しました。長渕剛さんは現在、都内の大学病院に入院しているとのことですが一体、長渕剛さんが入院している都内の大学病院の場所はどこなのでしょうか?

スポンサードリンク

長渕剛が病院に運ばれた経緯

歌手の長渕剛さんが急性腎盂腎炎のため都内の大学病院に緊急入院していることが12月23日に明らかになりました。

本来は六本木付近で主演映画の「太陽の家」のクリスマス会を予定していたのですが、長渕剛さんは緊急入院した結果、欠席し、会場に動揺が走りました。

長渕剛さんは17日から腹部の痛みと発熱の症状が出ており、20日になるとさらにそれが悪化。極度の痛みと高熱を訴えたため、都内の大学病院に緊急搬送されました。

病院に搬送された長渕剛さんは以下のようなメッセージを残しています。

 ああ、残念で仕方がない。そこへ行きたかった。

体は病室から出ることを許されなかったけど…。心は、みんなと同じ場所にあると思っています。

今日は、映画館まで来てくれて本当にありがとう。みんなの顔を見たかった。そして、スタッフやキャストのみんなとも。「初のシネマライブ、17公演完走したよ」って笑顔で報告したかった。

悔しさでいっぱいだけど、今は、しっかりと治して新しい年の初日舞台あいさつには、必ず元気な姿を見せます。劇場で会いましょう。

長渕剛さんにとって今回の映画は約21年ぶりの映画主演作ということだったので、このタイミングで急性腎盂腎炎にかかってしまうのはとても可哀想ですね。

スポンサードリンク

長渕剛がかかった急性腎盂腎炎とは?

長渕剛さんがかかった急性腎盂腎炎(きゅうせいじんうじんえん)とは、腎盂が細菌に触れることで生じる病気になります。

症状は体の震えや発熱、腹部痛などになるようです。この病気にかかると39~40度近くの高熱が発生するためかなり体に負担がかかります。

治療方法としては、抗菌薬を通点滴静注で打つ方法になります。重症の場合は、集中治療室での治療が必要となるとのことなので、軽傷であることを願います。

スポンサードリンク

長渕剛が入院中の都内大学病院の場所はどこで名前は?

報道によると長渕剛さんは都内の大学病院に搬送されたことが明らかになっています。現在も長渕剛さんは入院中とのことなので、流石にテレビでは放送することはできません。

なので、ここでは長渕剛さんが入院していそうな可能性がある病院を考えていきたいと思います。都内の病院で芸能人が多く訪れる場所は以下のような所になります。

  • 慶應義塾大学病院
  • 聖路加国際病院
  • 三井記念病院
  • 愛育病院
  • 山王病院

愛育病院が西麻布、山王病院が麻布になります。

六本木のイベントから緊急搬送されたことを考えると、やはり一番近い上記2つのどちらかの病院に搬送された可能性が高いです。

スポンサードリンク

長渕剛の復帰時期はいつ?

現在都内の病院で入院している長渕剛さんですが、明確な復帰時期がいつになるのかということは明らかになっていません。

現在、長渕剛さんは医者からのドクターストップで2週間程度、絶対安静の状態が必要であると言われています。

なので2週間以上はかかることが予想されます。また、映画の試写会に参加した飯島直子さんは「無理をせず、しっかりと治して元気なって、1月にお会いしたい」といったコメントしているので、復帰までにそこまで時間はかからなさそうです。

スポンサードリンク

まとめ

この記事では急性腎盂腎炎で緊急搬送された長渕剛さんについて取り上げました。

まさかの緊急搬送で驚いた方もいると思いましが、そこまで重症ではないため、再び今後もテレビにも出演するかと思います。

早ければ1ヶ月で復帰できそうなので、楽しみに待ちましょう!

他の人はこんな記事も読んでます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です