甲府で「ベーコン祭り」開催!「YOUは何しに日本へ?」で紹介




皆さん、「ベーコンフェスティバル」というお祭りを知っていますか?

最近だと「肉フェス」のような○○フェスという言葉が流行っていますよね!

その仲間に「ベーコンフェス」が新たに加わりました。

そこで今回は新しく日本に登場した「ベーコンフェスティバル」とは一体どんなお祭りなのか調べてみました(^^)/

ベーコンフェスティバルって何?

ベーコンフェスティバルは元々アメリカのアイオワ州で開催されているものです。

そこで、なんと、アメリカで開催されているベーコンフェスティバルが今回アジアに初上陸したのです!

ベーコンフェスティバルは2017年11月3日に山梨県の甲府で第一回目が開催されました。

ところで、なぜ甲府が開催地なのでしょうか?

実は山梨県とアメリカのアイオワ州には50年に渡る姉妹都市関係があるのです。

始まりは台風被害に苦しんでいた山梨県にアイオワ州が養豚用の豚を提供してくれたことがきっかけです。

そこで、この度双方の特産品である豚肉を通してさらなる国際交流を深めようと、アイオワ州で有志により10年前からアメリカで開催されているベーコン祭をアジア初!日本の山梨で開催することになりました。

出典:https://www.makuake.com/project/japanbaconfestival/

このベーコンフェスティバルなのですが、アイオワ州ではとても人気のあるお祭りで、なかなかチケットが手に入らないことでも有名なんだとか!

2017年11月3日に開催されたこのお祭りですが、なんと入場者数が12000万人程度いたとか!

すごいですね!第一回目のお祭りということもあって多くの人が集まっていますね!

当日の様子

当日、会場には「ベーコンバーガー」「ベーコンオニオンスープ」「てりたまベーコン丼」「ベーコンチョコバー」など、様々なベーコン料理などを扱う約20店のブースが並びました。

特にアメリカから運ばれた約900キロのベーコンの無料配布コーナーには長い行列ができました。900キロのベーコンってすごいですね!

訪れた人たちはアメリカ風にカリカリに焼かれたベーコンを堪能していたそうです。

その他にも、早食い対決などのイベントもあり、多くの人がお祭りを楽しみました。

日本では第一回目の開催となるベーコンフェスティバルですが、何年も続けているアメリカは一体どのような様子なのでしょうか?

アメリカのベーコンフェス

アメリカのベーコンフェスはかなり大々的にやります!

ベーコンフードブース、エンターテインメントブース、メインステージにおいて音楽やベーコン早食いコンテストなど様々なコンテンツがあり、とても面白そうです。

音楽ステージ 早食い対決

まとめ

今回日本で初めての開催となる「ベーコンフェスティバル」ですが果たして第二回目はあるのでしょうか?

今後も開催されて山梨の名物となるくらいまで規模が大きくなっていくと面白そうですね!(^^)/

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする