クレイジージャーニー

飛行機の墓場(解体場所)はどこ?行き方や日本の場所は?【クレイジージャーニー】

こんにちは!

 

クレイジージャーニー奇界遺産シリーズ

佐藤健寿(さとう けんじ)さんが現在

アメリカに渡米していますね!

 

9/5の放送ではなんと【飛行機の墓場】なるところ

を訪れています!

 

どうやらここで飛行機の解体廃棄

行っているそうです(>_<)

 

一体【飛行機の墓場】の場所はどこなのか?

 

そして【飛行機の墓場】までの行き方(アクセス)

どうすれば良いのか?

 

以下に書いていきますね(^^)/

スポンサードリンク



飛行機の墓場(解体場所)はどこ?日本の場所は?

飛行機の墓場って聞き慣れない単語ですよね!

自分自身も生まれて初めて聞きました(笑)

 

飛行機を解体・廃棄する場所のことを

飛行機の墓場と言うらしいです。

 

今まで生きてきた中で飛行機に関する

解体や廃棄のことって一度も考えたことが

なかったので気になります・・・

 

確かにずっと同じ飛行機を使うわけにもいかないし、

かといってあんな大きい飛行機どこで

壊されているんだ~って感じですよね(;^_^A

 

どうやら飛行機の寿命は20年だそうです!

それを超えると安全面が保証されなくなるため

【飛行機の墓場】で長期保存されるそうです。

 

そして、まだ使えるものは部品を取り外して、

途上国などに売却。

残った機体は解体・廃棄するとのこと。

 

飛行機ってこういう風に廃棄されていくんですね~

さあ、豆地意識はこの辺で、ここから本題です!

 

クレイジージャーニー奇界遺産シリーズで

佐藤健寿(さとう けんじ)さんは

アメリカに訪れています。

 

なので【飛行機の墓場】と呼ばれている飛行機の

解体場所はアメリカになります。

 

具体的にはカルフォルニア州のモハベ空港です。

このモハベ空港は砂漠の中にあります。

 

砂漠っていうのも何か墓場感を彷彿させますね(;´・ω・)

元々はアメリカ海兵隊の訓練所だったそうなのですが、

現在では航空機の開発や実験を行う場所になっています。

 

一応旅客機を受け入れる設備はあるのですが、

もちろん、定期便が運航する空港ではありません。

 

ロサンゼルスから車で2時間くらいで行けるそうなので、

【飛行機の墓場】に行くためには一旦ロサンゼルスに

行った方が良さそうですね(>_<)

 

クレイジージャーニーで訪れたのはモハベ空港

ですが、アメリカにはその他にも

 

  • アリゾナ州のデビスモンサン空軍基地
  • ミシシッピ州のテューペロ地域空港

 

もあり、飛行機の墓場は1つだけでは

ないみたいです。

 

ここで飛行機マニアは気になるはずです。

アメリカは遠すぎる!日本には無いのか!?と

 

結論から言うと日本には残念ながら飛行機の

墓場はありません(>_<)

 

日本列島は湿度が高い地域なので飛行機の

保管には適していないそうなんです!

 

飛行機の保管に湿度は敵なんですね。

だから砂漠地帯で保管しているのでしょう!

 

飛行機好きからしてみれば少し残念な結果に

なってしまいましたね。。。

 

アメリカで飛行機の墓場に行く方法をこれから

書いていくので参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク



飛行機の墓場(解体場所)の行き方は?

先ほど述べたように【飛行機の墓場】へは

ロサンゼルスから車で2時間ほどで行くことが

できます。

 

それか地下鉄になります。

もう一度言いますが、定期便はありません!

 

現地で申し込めば飛行機の墓場のエリア

をガイド付きで案内してくれるそうです。

 

日本人に人気の「ボーイング747」

見ることができるのでファンにとっては

たまらないですね!

 

運が良ければ機内に入れたり、解体の現場に

立ち会うこともできるそうです。

 

そして、2つ目のおすすめはツアーです。

 

飛行機の墓場に行くツアーはJALが主催しています。

一般の見学では入ることができないデビスモンサン

空港の見学などができるツアーになっています。

 

自分1人で行くのが不安な人はこういったツアーで

行くのも1つの手ですね(^^)

 

ツアー参加者はもちろん飛行機好きなので、そこで

話しも弾むと思いますし楽しいと思います。

スポンサードリンク



飛行機の墓場(解体場所)はどこ?行き方や日本の場所は?【クレイジージャーニー】のまとめ

今回はクレイジージャーニーで取り上げられた

【飛行機の墓場】について書いてみました!

 

アメリカを中心に飛行機の墓場があることが

分かりましたね。

 

その他にもイギリスにもあるそうですが、

残念なことに日本にはありませんでした。

 

行き方としては

  • 自分でカルフォルニア州に行って車か電車で行く
  • JALのツアーに申し込む

くらいだと思います。

 

飛行機の解体現場を見たい方や、

昔懐かしい飛行機にもう一度見てみたい方は

是非、飛行機の墓場を訪れてみて下さい!



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です