アドレスホッパーになる方法や仕事とは?住民票や住民税などの税金は?




【マツコ会議】でも放送されて今話題になっている

”アドレスホッパー”という生き方があるようです!

ここではアドレスホッパーになる方法や、

その仕事内容住民票住民税などの

税金について書いていきたいと思います(^^ゞ

~目次~

アドレスホッパーとは?
アドレスホッパーの仕事内容は?
アドレスホッパーになる方法は?
アドレスホッパーの住民票や住民税などの税金はどうなる?
アドレスホッパーに興味があるあなたへ

アドレスホッパーとは?

アドレスホッパーとは特定の家がない人のことを指します。

英語でアドレスは”住所”

ホップは”転々とする”

という意味を持っていて、つまり特定の

決まった家はないけど日々自分の住む家が

コロコロ変わる人たちのことを指します(^^ゞ

ノマドワーカーにアドレスホッパー….最近は

本当にライフスタイルが多様化しまっくていますね👍

ちなみにノマドワーカーとアドレスホッパーって

結構似ているように感じますが、実は

ちょっと違いがあるようで。

ノマドワーカー:1つの職場に囚われず、仕事をしながら好きな場所を渡り歩く人
アドレスホッパー:1つの住所に囚われず、生活に合わせた居住地を渡り歩く人

です。

なかなか複雑ですね。。(笑)

イメージとしてはノマドワーカーは

パソコン1台あればお金を稼ぐことが

できる人たちだと思います。

パソコン1台あれば北海道や沖縄、海外など

場所を問わずに自分の好きなように

移動しながら仕事をこなす人たちです。

つまり、「自分で稼げる力があるので会社という

1つの職場に所属しなくても良いよね!」

といった方たちですね。

それに対してアドレスホッパーでは

メインになってくるのは職場ではなく”居住地”です。

「1つの居住地だけじゃなくて色々な

居住地を渡り歩こうよ!」

といった考えです。

アドレスホッパーは居住地をメインに

しているので職場は会社でもOKなのです(^^)/

「会社周辺で居住地をコロコロ変えて

生活に合った居住地を渡り歩こう。」

といった発想ですね。

なのでまとめると

会社員でもなれる 好きな場所に住める 好きな場所で働ける
ノマドワーカー    〇     〇     〇
アドレスホッパー    ×     〇     ×

のようになり、ノマドワーカーの縮小バージョンの

ように考えれば良さそうですね!

では一体アドレスホッパーの人達はどんな

仕事をしているのでしょうか?



アドレスホッパーの仕事内容は?

アドレスホッパーの仕事になるのですが、

これはかなり多種多様です。

なぜならば先ほど書いたようにアドレスホッパーは

会社員でもその気になったら実現できて

しまいます(笑)

実際に会社員をやりながらアドレスホッパーとして

活動している人もチラホラといるようです。

写真の左から2番目の人物はマット・マスイさん。

アドレスホッパー”を体現した方で4年くらい出張と

旅を続ける多拠点生活を続け、その後家を解約しました。

その上でマスイさんは、会社員としての

メリットを強調しています。

⇓ ⇓ ⇓

「僕はむしろ会社員でもできるということを伝えたい。

組織としての考え方もあるので一概には言えないが、

オンラインで仕事ができる形であれば

望む人誰にでもできるライフスタイルだ。

今の社会では『職場の負の環境から逃げたくて

リモートワークを選ぶ』という構図が多いが、

それは概念として間違っている。

働き方については制度化されがちだが、

どちらかといえば精神的な部分が大切で、

それぞれがどうすれば働きやすいかが大事。

“アドレスホッパー”でも海外を転々とする

社交的な僕らのようなタイプがいれば、

一方で都内だけを移動したり、日本にいくつかの

拠点を構える人もいたりと、

仕事に合わせてやり方はさまざま。

僕はむしろ今会社に行くことがすごく好きで、

実際に会った方が生産性が高いと思えることもある。

でも、これは“アドレスホッピング”するからこそ

わかることかもしれない」

このようにマスイさんも会社員をしながら

アドレスホッパーとして活動しています。

なのでアドレスホッパーは何か

特別な仕事をするわけではありません。

会社員でもアドレスホッパーになることは

できますし、逆にノマドワーカのように

パソコン1台で稼げるようになって

自分の好きなことろを渡り歩くことでも

アドレスホッパーになることができます。

なのでもし、会社が嫌ならばアドレスホッパーよりも

誰にも干渉されないノマドワーカーが

合っているかもしれません。

今はパソコン1台あれば誰でも隙間時間で

毎月数千円~数万円くらいなら気軽に

稼げる時代です。

そういったことに興味がある場合は

クラウドソーシングのようなところで

お金を稼ぐ経験をするのも

良いと思いますよ(^^ゞ

⇓ ⇓ ⇓


アドレスホッパーになる方法は?

居住地に囚われないアドレスホッパー。

家を解約してしまえばあなたも

アドレスホッパーです👍

オンライン環境やコワーキングスペースをはじめ、

これだけインフラが整ったからこそ可能になった

新しい暮らし方の形ですね。

アドレスホッパーの居住地としては

以下のような場所が挙げられます。

  • 友人・知人の家
  • シェアハウス
  • ネットカフェ
  • 各種ホテル
  • 民宿(Airbnb)
  • カラオケルーム
  • スーパー銭湯
  • 24時間営業の飲食店

楽しそうではありますが、カラオケルームや

24時間営業の飲食店だと寝る所が

ないので大変そうですね(笑)

アドレスホッパーは大体Airbnbで見つけた部屋や

ホテル、シェアハウス、旅館などで暮らしている

ことが多いようです。

Airbnbやシェアハウスでは多くの人と

出会うことができるので普通に特定の家に

住むよりも刺激がありそうですね(^^)

シェアハウスだと1週間単位で借りれる

シェアハウスサービス『weeeks』があります。

1週間限定でシェアハウスなんていうのも

面白そう!

いきなりアドレスホッパーになるのが

恐い場合はこういったサービスを利用して

アドレスホッパー仲間を作るのもアリですね。



アドレスホッパーの住民票や住民税などの税金はどうなる?

アドレスホッパーには特定の住所がありません(笑)

そんな時に気になるのが住民票住民税などの

税金問題です!

一体住民票はどうしているのでしょうか?

アドレスホッパーの住民票は大体以下の

3種類に分類されているようです。

実家

確かにこれが一番楽っちゃ楽ですよね!

ただ、重要な書類が届いてもすぐに受け取れるわけでは

ありませんし、いちいち実家に帰るのも面倒です。。

シェアハウス

シェアハウスに住んでる人は住民票を

シェアハウスの居住地にしていることが多いです。

シェアオフィスのオプションで

住所を持ったり郵便を受け取ることもできます。

ただこれも先ほどの『weeeks』のように

1週間や1ヶ月といった短いスパンで

シェアハウスをしている人には面倒ですね。。(笑)

ポケットレジデンス

ポケットレジデンス。

これが一番最強かと思います。

ポケットレジデンスはアドレスホッパーのための

サービスのようなもので、めちゃめちゃ小さい

シェアハウスを借りて、そこに住民票を

登録することができます👍

ポケットレジデンスは月額1万円で借りることができ、

住所は世田谷区池尻。

一応世田谷区民です!これだけでも何だか

良い気分になれますね笑

一応、トイレとベッドがある部屋なので

頑張れば泊まることも可能なんだとか。

本当に寝るだけのためならアリかもしれないですね。

実家・シェアハウス・ポケットレジデンス

のどれにしたとしても住民票はとっています。

なので「家がないから住民税は支払わない!」

なんてことは無理そうですね(笑)

いくらアドレスホッパーと言えども

住民税はしっかりと払っているようです。

このようにやはりアドレスホッパーは

実家やシェアハウス、ポケットレジデンスのような

サービスを使って住民税を払っています。



【最後に】アドレスホッパーに興味があるあなたへ

ここまでの記事を読んでアドレスホッパーに

結構興味を持った方もしれません。

実際にアドレスホッパーとして活動している

人達は皆さんとても生き生きしています!

「アドレスホッパーに興味はあるけど周りにそんな人はいない…」

そんな場合は都内で月一で開催されている

#Hoppingbarというイベントに参加してみてください(^^ゞ

月に1回開催されているので時間がある時に

気軽に行くことが出来ます(^^ゞ

ちなみにこの新年会に参加した人のうち、

半数近くがアドレスホッパーだったんだとか!

こういった場でアドレスホッパー実践者の

話を聞いて刺激を受けるもの楽しそうですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする